銀行カードローンのおまとめローン

毎月返済で悩んでいるかたは「おまとめローンで借りれば利息の安いところでまとめられるし、利息が少なくなって毎月返済も減少して楽な返済ができるのに」と考えておられるかたもいらっしゃると思います。
おまとめローンの借り換えは、第一に金利を低くして借りるということになりますが、金利を低くとなればやはり、銀行カードローンになります。

 

「銀行カードローンのおまとめ」

銀行は消費者金融と比べて金利が低く、おまとめには最適なローンです。
銀行のカードローンは融資限度額も高く、金利も低いため「おまとめローン」といった商品を用意しなくても、一般の銀行カードローンでもおまとめに利用できるようになっています。
銀行カードローンでおまとめとして商品化しているのは東京スター銀行の「おまとめローン」「かりかえローン」などがあります。

 

消費者金融のおまとめローンは、契約をするとあとは返済だけになり、新たな借入ができなくなるので、返済途中でお金を借りることはできなくなります。
しかし銀行カードローンの一般フリーローンでまとめた場合は、借入残高が融資限度額より少ない場合は、限度額までなら借りることができます。
これ以上借金を増やしたくないという場合は、消費者金融でまとめるのもひとつの方法ですし、返済中でも借りることを考えるのであれば銀行カードローンのおまとめになります。

 

「おまとめのメリットが発揮できないことがある」

銀行カードローンは、金利が低いことでおまとめにおすすめです。
ただ、いくら金利が低くなっても返済方法によっておまとめのメリットが発揮しない場合があります。
返済方法が「残高スライドリボルビング方式」の場合は、毎月返済額が少なく、楽な返済ができますが返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が変わらない、まとめる前より総返済額が増えてしまったということもあります。
おまとめローンで利用するときは返済回数を設定して返済できる銀行カードローンなら確実に利息を少なくすることができます。

 

「事前に返済計画を立てる」

消費者金融のおまとめにしても、銀行カードローンのおまとめにしても、新たに借入をするわけですから、事前に返済シミュレーションなどを利用して、返済計画を立てることがポイントです。
返済シミュレーションを利用すれば、無理のない返済計画が立てられます。
自分の収入から毎月どれくらい返済できるのか、そのためにはどれくらいまでなら無理のない返済ならどれくらいまで借りられるのかなどを何度でも試してみて、無理のない返済計画をたてることが重要になります。
参考サイト:おまとめローン入門書

イオン銀行のおまとめローン

おまとめローンの目的は、現在借りている金利を下げることで返済が楽になることや、総返済額を少なくできるということやほかにも多くのメリットがあります。
金利を下げるということを考えると銀行カードローンでまとめれば金利を下げることができます。

 

「イオン銀行のおまとめローン」

「ネットフリーローン」の特徴はインターネット専用の商品であることです。店頭へ出向くことがないので手続きがスピーディーにできるというメリットがあります。
イオン銀行の「ネットフリーローン」は金利4,8%〜13,5%、最大融資限度額700万円という高額融資が可能になっています。
イオン銀行には「おまとめローン」という商品はありませんが、ネットフリーローンを利用すれば現在支払っている金利を下げることができるので、おまとめローンとしても利用できます。
またネットフリーローンは借入希望額が300万円までは不要なので、本人確認書類だけを用意すれば申込ができます。

 

 

「ネットフリーローンの申込条件」

ネットフリーローンの融資条件は
○年齢は満20歳以上満60歳未満で安定かつ継続した収入のあるかた。
○イオン銀行に口座を持っているかた。
○原則前年度の税込み年収が200万円以上のかた。
○オリックス・クレジット(株)の保証が受けられるかた。
となっていますので、パートやアルバイトのかたは少し敷居の高いカードローンです。

 

「申込から融資までの流れ」

申込はパソコンやスマホ・携帯を使ってインターネットから申込をします。
申込が終われば審査があり、審査の結果でローン契約書が送られてきます。
契約書類に必要事項を記入し、なつ印をして本人確認書類の写しを返送します。書類が届けば融資が受けられるという流れになります。
書類のやりとりが郵送になるので即日融資は期待できません。

 

「余裕がある間にまとめることが大事」

複数社から借りていると、毎日が毎月の返済日を気にして過ごさなければなりません。
仮に何らかの事情で返済のリズムがくるってしまうと、遅延を起こしてしまった、延滞してしまったということがあります、
そうなってしまうと、どこかで新たな借入れ先をしなければなりませんが、すでに借入件数が多い場合や、遅延などを起こしてしまうと新らたな借入も審査結果は厳しいものになります。
そうならないためにも返済ができているうちにおまとめローンでまとめることがポイントです。
おまとめローンが利用できれば返済日は1日だけになり、新たな返済計画を立てることで、生活にもゆとりができます。
少しでも現在の状況を改善したいと思っているかたは、一日でも早くまとめることをおすすめします。